忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【疾風523】「過去の亡霊」
NARUTO疾風伝第523話「過去の亡霊」 の感想です。
2013年03月07日に放送されました。
ナルトの軌跡を追う(クリックで一覧表示になります)

モバイルの方はこちらで>>ナルトの軌跡

以降はネタバレに注意だってばよ!


今日のナルトの足跡
白ゼツが紛れ込んでいるかもしれないという疑念の中、休息をとるシカマルたち。
一方、違う戦場では戦いを続けているネジやキバ。

その離れた戦場で同時に意
外な敵の忍が現れた。
それはかつてのサスケ奪還任務の時、追いかけるナルトたちを阻止するべく立ち塞がった強敵・音の四人衆!
カブトの穢土転生の術によっ
て復活したのだ。
かつてシカマルやネジたちを恐ろしい力で窮地に追い込んだ因縁の音の四人衆。
彼らが復活したその目的とは一体何なのか!?


私の思うところ
呪印もパワーアップしてんだよ!!
・・・というのを一瞬で返り討ちにしたサスケ奪還チーム怖いwwwww
最強対決だから常にワンキル状態だと自分でも書きましたけどね。
音の4人衆のパワーアップがまるでないみたいじゃあないっすかっていうwwww
あとね、その4人衆に簡単にねじ伏せられちゃってるその他さんたちが不憫すぎてならねえwwww
メインが次回以降なので、そっちに時間割きたかったんだろうことは分からなくもないのですけど。

レギュラー4人しぼうふらぐ
ではなかったような実質あったような。
黄泉転生?転身だっけ?
4人衆が最後に発動した術により、シカマル・チョウジ・キバ・ネジの4人は・・・冥界へかあ?!
っていう次回。
帰ってくるんでしょうけど、次回予告が出るまで焦りに焦ったですよこれ!
いきなり、
唐突に、
これが狙いなのはいいけど、だからすぐ倒されてみたのかな?とか考えもしたけど、
いきなりレギュラー4名がしぼうふらぐって!!!!
金田一少年も真っ青の展開だよ!
(注:キンダニはキンダニの知り合いが犯人だったり被害者だったりします)
っていうか、一旦でもいってしまっているので、フラグですらないっていうか。

てっきりいきなりサスケ君かと喜んでごめんなさい
ナルトの察知した憎悪のもや。ね。
上のことだったわけなんですけど。
ここでサスケ君と遭遇で、みんなのところへが遅れてしまうのかー!!?
と、ドッキドキで本当にごめんなさい。
この時点であるわけが無いって言うね。ふん。知ってるさ。

次回は、ナルトが救出に?
冒頭で、ゼツを倒す秘策が本部にはあるっていうのを、シカマルは知っているみたいなので。
つまり、ナルトが来るのを知っているって言うか。
今度も全員生きて帰るっていうのと、ナルト、お前もその一人だっていうのがなーんか火かかってるんですよねえ。
今のところ、ナルトにしぼうふらぐは・・・サスケ君に冠してを除けば、ないはずなんですけどねえ。
あるいは、そこらへんも見越して、そもそもまだ、ナルトは一人で突っ走る気はあるということもあるし、シカマルの釘刺しというか心配というかなのかな。


ナルトのこれまでの軌跡
第522話「恐怖・蒸危暴威(ジョウキボーイ)」
2013年2月28日放送

二代目水影の蜃気楼を破った我愛羅とオオノキ。しかし、これまで協力的だった二代目水影はバトルが楽しくなってきてしまい、さらなる忍術で攻撃してくる。それは二代目土影も手を焼いたという無限爆破忍術・蒸危暴威!広範囲に渡って何度も水蒸気爆発を起こすその大技に我愛羅たちは苦戦を強いられてしまう!しかし、その容赦のない攻撃はただ戦いを楽しむためではなく“自分に勝てないようではマダラに勝つ事などできない”と二代目水影が我愛羅たちを思っての事だった。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]