忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
超速変形ジャイロゼッター第51話最終話「未来へカケル!ライバード」の感想です。
2013年9月24日放送

ゼツボウテキなネタバレがあるので注意
前回までのお話はこんなんですー
2013年09月17日放送
第50話「ジャイロゼッター戦争の危機」

ついにデスゼノンを見つけたカケルたちは、真っ向勝負で立ち向かう。だがその強さはすさまじく、シュンスケのZが破壊されると、逃げられてしまう。コングローダーGX、アヌビアNF、フェアレディZを失ったアルカディアは、イビルウィルスをまき散らすデスゼノンを阻止するためスーパーイビルバスターの準備に入る。その頃、エネルクスのジャドーは新たな兵器の準備に入り、イレイザー四天王を出動させるのだった。





拍手

PR

・・・つづきはこちら

超速変形ジャイロゼッター第50話「ジャイロゼッター戦争の危機」の感想です。
2013年9月17日放送

ゼツボウテキなネタバレがあるので注意
前回までのお話はこんなんですー
2013年09月10日放送
第49話「冥府の王!デスゼノン」

ソウルイレイザーで記憶を奪われたゴートがデスゼノンで飛び立った後、ジャドーはハルカを裏切り者として監禁し、トーマをゼノンの総統の座に付かせる。一方、解析された未来の自分たちからの応援メッセージに励まされたカケルたちだったが、そんな中、本部に緊急連絡が入る。それは、デスゼノンがイビルウィルスをばらまいたことで、無人ジャイロゼッターが全国で暴走を起こしているというものだった。

拍手

・・・つづきはこちら

超速変形ジャイロゼッター第49話「冥府の王!デスゼノン」の感想です。
2013年9月10日放送

ゼツボウテキなネタバレがあるので注意
前回までのお話はこんなんですー
2013年09月03日放送
第48話「ハルカなる未来の君へ」

ある日、ハルカはどこかに逃げた愛猫クロを探す途中、偶然ゴートの部屋に入ってしまう。そこで目にしたのは、ゴートと自分が写った未来の写真。その真相をトーマに追求すると、実はハルカは未来で死んでしまったゴートの娘だったことが判明する。一方その頃アルカディアでは、ロゼッタグラフィーの解読を急いでいた。最後に一カ所だけ解読できない文字が残っていたが、実はその解読こそが、未来からの重要なメッセージに繋がるキーワードだった。
 

拍手

・・・つづきはこちら

超速変形ジャイロゼッター第48話「ハルカなる未来の君へ」の感想です。
2013年9月03日放送

ゼツボウテキなネタバレがあるので注意
前回までのお話はこんなんですー
2013年08月27日放送
第47話「夏の終わり秋の始まり」

夏休みもいよいよ最終日となったある日、横浜新都心ではアルカディア学園を開放して花火大会が行われる。カケルたちも楽しみにするイベントだが、花火当日、カケルは夏休みの宿題だった絵日記をなくしてしまったことに気付く。焦ったカケルはりんねたちを巻き込み、あちこち探し回るが、その頃、アルカディア学園には花火大会にかこつけて堂々とトーマとハルカが訪れていた。そして偶然にもカケルの絵日記を拾ったのは、トーマだった。
 

拍手

・・・つづきはこちら

超速変形ジャイロゼッター第47話「夏の終わり秋の始まり」の感想です。
2013年8月27日放送

ゼツボウテキなネタバレがあるので注意
前回までのお話はこんなんですー
2013年08月20日放送
第46話「撮影快調!ヒーローは誰だ!?」

バーストファイトの活躍もあり、一躍有名になったカケルは街でも人気者に。そんなある日、選ばれしドライバーたちを主人公にしたアクション映画の製作が決定する。出演するのはもちろんカケルたち6人の選ばれしドライバーたち。さっそく横浜新都心スタジオで撮影が開始するが、監督はなんだか怪しい外国人。さらに撮影されるシーンや衣装は、選ばれしドライバーのイメージとはほど遠いものだった。




拍手

・・・つづきはこちら

  
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]