忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【疾風伝526】「心の目」
NARUTO疾風伝第525話「心の目」 の感想です。
2013年03月28日に放送されました。

ナルトの軌跡を追う

(クリックで詳細です。モバイル共通)
以降はネタバレに注意だってばよ!

今日のナルトの足跡
戦場で白ゼツと交戦するネジとヒナタ。
ネジは死角を突かれ襲わてしまうのだが、そのピンチをヒナタが救う。
“ネジ兄さんは私が守る”と気合い充分のヒナタ。
それは綱手が火影に就任し、サスケがまだ里にいた頃――同じようにネジが自分を守ってくれた時の事を思い出したからだった。

数日後にある花火大会へナルトと行く事になり嬉しいヒナタ。
しかし、ネジとの厳しい稽古により、視力を使いすぎ目が見えなくなってしまう。
ネジはそれに責任を感じ…?


私の思うところ
ネジ兄さんの思考回路
どうなんだろうなあ。
3年前は、まだわだかまりもあるし、そもそもプライドってものがあるので
只のツンデレ
って感じですなwww
デレ要素は、ヒナタちゅわんの眼代わりというか、日常サポートと、目薬草(字コレでいいのかな?)捜索ですね。

それが過剰に過保護な小舅に成り下がったのがナルトSD青春フルパワー忍伝というわけですね
わかりますwwww
アニメは終わっちゃいましたが、みなさんコミックスはあるのでぜひ見て欲しい。
無駄に過保護wwwww

サクラちゃんの思考回路
女性陣の違いは一致しているんですよねー。
ネジ兄さんの思考回路に恋愛感情が入っているのかどうなのか。
そうすれば、男性陣も利害が・・・
とはいえ、今となってはみんあ遠慮気味だよな・・・恋愛模様の解決はどうなるのうやら

眼のない人間
蓋を開けたらホームドラマではなくてホラーだったという。
どういうかんじなんでしょうか。
めだけのっぺら・・・?
顔の形状からして根本的に違うのか否か。
彼らの生き方に痛ましさを覚えつつ、彼らの実態が見えなかっただけに、ややヒヤリとしますね。
視聴者に想像させるって言うのが一番影響あんだよなー。

アスマ先生と紅先生
3年前なので・・・
無駄に痛い・・・・
サスケ君がいることより痛い・・・
シカマル・いの・チョウジとみんなで来たんですね花火大会。
ああどうしたらいいの。刹那過ぎるわ・・・

サスケ君vvv・・・・からの
サクラちゃーんvvv・・・からの
くっつくな!・・・からの
しゃーんなろー!!!
ああ、面白かったwww
花火を見ていた第7班。
くっついていってくっついていって、離されて突き飛ばされた感じで。
無言劇だけに妄想書き立てられますなあ。
セリフは大体あっていると信じてる。うん。

次回、月光ハヤテさんの復活
ハヤテさんの能力ってなんだっけ???剣術以外しらなんだwww
(カブトさんが)そろそろ出すかなといっていたのがどうやらハヤテさんらしいですが・・・
したいが増えてきたからってカブトさん言ってますけど、なんか関係ありましたっけ?
単にしたい回収なら、別に誰でもいいわけだし。
反面、ハニーの暗部のおねーちゃんが驚いていたのがまた痛々しい感じになるフラグで切ないです。

ナルトのこれまでの軌跡
第525話「復讐者」2013年3月21日放送

四人衆を倒せたとしても結界が解かれる事はないと知ったシカマルたち。このままでは命尽きるのも時間の問題なのだが、いのやシノが必死に肉体にチャクラを送り命を繋ぎとめているのだった。しかし、二人のチャクラも残りわずか。そして本部にいるシカクは息子のピンチにも関わらず、唯一の希望であるナルトに“助けに行くな”と命令する。まさに絶体絶命の状況の中、復讐に燃える音の四人衆は呪印状態2よりもさらに力を上げ、シカマルたちに襲いかかる!

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]