忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【疾風伝579】カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「惨劇の夜」
NARUTO疾風伝第579話
カカシ暗部篇~闇を生きる忍~
「惨劇の夜」 の感想です。

以降はネタバレに注意だってばよ!
ナルトのこれまでの軌跡
第578話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「クーデター」
2014年4月10日放送

うちは一族の信頼を取り戻すため、イタチの親友・うちはシスイが一人行動を開始する――。
かつて木ノ葉で起こった九尾襲来事件。写輪眼の瞳術により九尾を操れることから、うちは一族が事件を起こした元凶なのではないかと疑われた。それ以来、うちは一族が住む区画は暗部による24時間体制の監視下に置かれ、一族は木ノ葉の中で孤立し、疑念によって里と一族の関係は悪化の一途を辿ってゆく。







今日のナルトの足跡というか、カカシの足跡

第579話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「惨劇の夜」
2014年4月17日放送

うちは一族が“悲劇の一族”と呼ばれる所以となったあの惨劇の夜が、目前に迫る――。
うちは一族のクーデターの機運が高まる中、カカシはうちは一族が住む区画を訪れる。
以前来た時とは違い閉鎖的で、一族以外を寄せ付けない異様な空気を感じ取るカカシ。
そこで怪しまれず里と一族の間を行き来できるイタチが密かに情報を探る中、うちは一族がクーデターを企んでいる決定的な証拠を掴むのだった。


私の思うところ
最初っから最後まで俺の心臓がクライマックスだぜ!!(爆)

13です
イタチくん入隊からはや数年?
時間経過が読みにくいぜwwwww

ガイ先生が担当上忍
カカシ先生のちょっと前になったんですね。
この時、リー君もネジもテンテンもまだアカデミーにいるはずですが・・・
映ってたかな?

マダ…いやオビ…マダラでいいか。
結界見出しはやっぱり。
とはいえ、カカシ編のメインキャラであるはずなのに、ここでようやくとかwww
しかも、イタチの章のキーってだけで、カカシと直接は無関係ってwwww

おまえはうっせえんだよ
チビサスケとチビナルト
の喧嘩
今日の数少ない癒しポイントだな。
ってか、ナルト何週ぶりですかwwwww

紅さんの今スタイル
この時点で、紅先生が今と同じ任務服になってますね。
どうして普通のじゃなくてそれになったのかなあ。幻覚関係で作用しやすいとか?
・・・・・・・・・アスマ先生の趣味とか?←

あいつ・・・なんかあったのかな
惨劇の夜のその後のサスケくんを見てのナルトの一言
・・・なるとだけがそういう心配をしていたという
・・・萌えたぎらせてどうすんじゃボケ!!(*°∀°)=3

「結界の術式は変えないでおく。サスケが心配になったらいつでも忍び込んでこい」
三代目ぇええええええええええええええええええええええ!!!!!
ヽ(;▽;)ノ
もうポケモンでこらえていた俺の結界が大破したよね。

俺は結局、イタチを分かっていなかった
やっぱ、反省しちゃったよカカシたいちょ

担当上忍をやれ! ・・・は?
wwwwwwwwwwww
最後にまさかのコミカルを持ってきて救いのつもりなのかな。
救われたけども。
まさか、こんな流れでカカシ”先生”が誕生したとはwww

今更ですが
DVDのCMの、サスケとイタチっていうサブタイトルはどうかと思うんだけど。
忍界大戦編とかじゃあかんのwwwww


次回、カカシ先生の部下落第伝説試験の巻
・・・・
ナルトたち以外全員失格にしてやがったという伝説のあれですかwww
いいのかなwww
一転して、
悪い人にwwwww
闇が深いとか、そういう心配の問題じゃなくねあれwwww





上記にアクセス不可の方は下記
NARUTO

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]