忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクは承認後公開ですがお気軽に。相互リンクもさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。*Comment is approval system!*

   
【BORUTO 104】小さな同居人
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS第104話「小さな同居人」の感想日記です。

これまでの物語
2019年4月21日は、第103話「渡りの季節」を放送しました。
呪印使いの兄妹を下したサラダたちは、ガンのいる湖へと戻り、感染したガンを捕まえようとする。しかしあまりに数が多く、またタイムリミットとも言える夜明けも迫っていた。
一方ボルトらは自ら呪印に感染したトサカを止められず、また暴走し、どこかへと消えた重吾を追いかけるが…。







今日のボル…ミツキ

第104話「小さな同居人」
2019.04.28 onair

今回のボルトたちの任務は、宝石泥棒を捕まえる手伝いだ。だが犯人を追いかけるも途中で姿が見えなくなってしまう。ところがそこで、ボルトたちは1匹の猫と出会う。
子猫なのかボルトたちに怯えているようだったが、飼い主に返すにしろ親猫を探すにしろ、ミツキがしばらく飼うことに。
戸惑いながらも、ミツキは猫に名前を付け、次第に慣れていく。


私の思うところ
ミツキと猫
その子供が今回の猫?

警務隊長さんが久しぶり
一般の事件というのも変だけど、泥棒とかはやっぱ警察の担当という。
(でも手に負えなくて、七班に協力要請きたわけだけど…)

のんだくれの1人が犯人だ!!
と、感想するまでもなく、警務隊長さんも全員引っ張っていく。

ボルトの家で飼い猫の許可は出るのか?
サラダのところは集合住宅かつペット不可物件のもよう。
(そういえば、花つ月でサクラちゃんがぶち壊したのを立て直してるんじゃなかったっけ?どれだけ月日が流れているかわからんけど、まだ建たないの?それとも集合住宅の方に本格的に棲むことにしたのかなあ)
ともあれ、ボルトの方である。
ヒマワリちゃんが頼み込めばヒナタちゃんも応じるだろうというボルトの狙いは当たるのかどうなのか(笑)

首根っこ引っつかんで運ぶミツキ
途中、獣医と思しきおっちゃんに指摘されて抱っこにかえたわけだけど、そこはやっぱミツキらしさってやつが出てますね。
…この獣医さんが犯人だ!!<言えばいいってもんじゃねえよ

いかにもネズミ顔のおっちゃんのニヤリ
やっぱり酔っ払いの中に犯人はいたのか…。しかし宝石はどこへ?

ヒナタとヒマワリは日向家に
2、3日戻ってこないと。
それゆえ、ボルトの家で飼うかどうかは保留に。

キバくんPR中のドッグフード
推すなあアニメスタッフww
ペットショップであれこれ買うミツキよりも気になるw

ミツキの家を見ている犯人(一応仮)
…。
宝石は猫に飲ませたかな?
と言ってる間に猫もとい三日月が具合悪くなるし…。

頃合を見計らって三日月強奪
案の定、三日月をケージごとさらってさらに腹を引き裂こうと。
えげつねー。
も、七班に取り押さえられ、お縄頂戴なのであった。

治療してくれたおっちゃんが先夜のおっちゃん
犯人とかいってマジすんまっせんっした!!
マジ獣医だったと。

ママ猫と一緒にさようなら?
元気になったと思ったら。
ちょうど良いタイミング?で、冒頭にも出てきたママ?猫が登場。
三日月、あっさり去っていくのであった。
が…。

遊びに来る
夜にミツキの家に。
ほっこりエンドでいいのかなあ。
今後も、三日月ちゃん登場シーンはあるのだろうか。

次回、ミツキの心の不調?
大蛇丸様のもとへ自ら帰るミツキ
体調不良ってなんだ…心の問題って、三日月は別に関係ないと思うんだけど。
空様とかのことまだ引きずってたとか?
うーん。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]