忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【BORUTO 11】黒幕の影
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS第11話「黒幕の影」の感想日記です。

以降はネタバレに注意だってばさ!
これまでの物語
2017年6月7日は、第10話「ゴースト事件、捜査開始!!」を放送しました。
学校をサボってまでゴースト捜索に乗り出すボルトたち。
それを見たシノは、職業体験という都合をつけて、ボルトたちを支援することに。


今日のボルト
第11話「黒幕の影」
2017.06.14 onair

ボルトらが職業体験を続ける中、浄水場で再びゴースト事件が発生する。しかしそこでは委員長らが見学をしており、巻き込まれて傷を負ってしまう。もしその場にいられたら防ぐことも可能だったかもしれない。ボルトはそんな思いから、改めて事件の解決を心に決める。

シカダイやミツキに加え、職業体験で知り合ったタヨリらの協力を得て、再び捜査を開始するボルト。ところがボルトが何気なく発した一言から、シカダイとミツキがあることに気づいて…?



私の思うところ

委員長のおかげ?
スミレちゃんがどうやら、ほかの2人を庇ったかなんかしたのかな。
たまたまナルトが近くに居合わせたらしいけど。

ドアに寄りかかるあるある
人がやってきて開けるので、倒れるあるある(笑)
メタル乙

ちゃんと配達してれば今日も配達に行けたはず
ボルトがいい加減な配達に関しても責任を感じていたことに驚いたwwww

耳をつねる
ナルとーちゃんのお仕置きというかなんというか。
一発殴るかなと思ったけど、さすがにそれはなかったでした。

犯人の治療中
サクラちゃんの出番。
犯人というか、ゴーストに取り憑かれた人の治療だったんすね。

「ボルトに何ができて何ができないのかは、担任の俺がよく知っている」
シノくん格好いいーー!!(笑)
ボルトたち懐きまくりじゃないですか。

配達可能?
タヨリさん格好いいー!!
苦情に対応して、局長さんを納得させたらしい。
なんだ、周囲の大人が格好いいターンなのか今回w

ボルトの影分身
目の届く範囲しか今は使えないのか。
ルートごとに分かれる作戦が使えず。

責任ではなく救済のために
サイ格好イイー!!!
って、それは普段からか(笑)
また柱間細胞の痕跡を見つけたので、飯の間も惜しんで捜査という。
でもその理由が、自分が根にいたから責任を感じているのではなく、
犯人(黒幕の方)を救ってやりたいっていうところがもう゚゚(゚´Д`゚)゚

ルート手分けの解決策
シカダイナイスすな。
ほかの皆にも声かけて分担という。
っていうか、局員さんたちもこっそりやる気だwww

と見せかけて局内大作戦
イワベエくんがなんか察してなかったっぽいけどw
全ルートを回ても、郵便局はボルトたちの目が届かないということ。
そこを利用して黒幕は局長さんを…というところまでお見通しだったボルトたち。

ミツキの追跡
ボルト、シカダイ、イワベエ、デンキは局長さんを抑える
いのじん、チョウチョウ、メタル、ミツキの4人は黒幕追跡
という分担になったわけですが、ミツキが追跡シーンにいない話。
と思っていると、逃げ切ったと思った黒幕のもとへこっそり現れるとか。
無言で視線だけ交わす2人。
ミツキの怪しさ大爆発!というところで今回の事件は終了…

でもない?
局長さんがご乱心でぶっぱなした手紙の数々を拾ってきちんと分類しなくては…。
郵便屋さんって本当、大変。

鵺の召喚?
ラスト、何やら真の黒幕さんが登場。
チャクラを吸い取っているのは鵺を呼び出すため?
どうなることやら。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]