忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクは承認後公開ですがお気軽に。相互リンクもさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。*Comment is approval system!*

   
【BORUTO 150】切り札の価値
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS第150話「切り札の価値」の感想日記です。

これまでの物語
2019年3月22日は、第149話「友達…!!」を放送しました。
テントウの護衛任務に就くことになったボルト。相変わらずわがままぶりを発揮するテントウだが、忍へのあこがれから、ボルトに修行をつけてほしいと頼んできた。とりあえず手裏剣術から教えるボルトだが、テントウは珍しく諦めずに取り組んでいる。そんなテントウの様子から、ボルトはなぜテントウが忍にあこがれるのか、本当の理由を知ることに。







今日のボルト
第150話「切り札の価値」
2020.03.29 onair

大名の滞在期間を終え、テントウの護衛任務も完了となったボルトは、再びサラダやミツキと共に任務の日々へと戻るのだった。新たに課せられたのはBランクの高難度任務で張り切るボルトだったが、ポケットからずっとほしかったゲマキカードが出てきたことに驚く。そのカードを持っていたテントウの仕業と気づいたボルトは、カードを返そうとテントウたちが泊まっているホテルへとやってきた。しかしホテルでは、テントウが危機に陥っており…?


私の思うところ

怪しい奴を発見したというヤマオカ?さん
に対して、テントウ君、自分がどうにかするって…。
「お父さんを助けるための行為を褒められて認められた」ら、そら、テントウくんも怪しまないよなあ…。
あるある展開。

木ノ葉丸の執務室
散らかってるww
掃除の為に呼ばれたのかと怪しむボルトたち(笑)

ゲマキ買い占めの結果
宅配便がいっぱい届いているホテルとか。
改めて、とんでもねーなーテントウ君というかブラックカードの威力

やっぱり内緒の「ボルトが欲しいカード」
ねー、サスケ君じゃないのー?
ナルトのポーズ違いとかそういう感じのレアとか?
うーん。

物々しい様子のホテル
テントウ君に上記カードを返そうと向かったボルト。
いや忍びなんだからさ、普通に正面から入りなさいよwww
物々しい様子だからって、「バルコニーからさっそうと入ってやっか!」ってそれ不審者じゃねーかwww

テントウ君との引き換えは、5億円の身代金と鬼灯城の囚人全員解放?
ショジョジさんの狙いは何なんですかねえ。
全員手下にする気なのか。それとも。
全員食べちゃう気なのか。
(悪党に住みやすい世の中が目的らしいから、囚人たちまで食べちゃうことはないか?)

ボルト「任務行けなくなった」
真剣な様子でボルト、サラダにだけ伝えにくる。
理由を明かさないし、なんならカーテン越しに声だけの対話なのに、「しっかりやれ」ってボルトを応援するサラダが男前過ぎませんか!!
ある種のツーカーな2人が好きです。

大蛇丸様はゲマキになってる件
悪党ナノニネって?(笑)
同じ悪党なのに自分はゲマキになってない。
ショジョジさんの言い分が、わからないでもない。

テントウも食って成り済ますのが真の目的
そこからイッキュウ様にも近づいて食って成り済ませば、自分が大名になって好き放題できる。
というのが、ショジョジさんの狙い。

自害しようとするテントウ
えぇ、典型的な金持ちのボンボンからの、男前度が上がりすぎじゃねーかテントウ君。
お父さんの迷惑になりたくないって…。

屍分身の発動条件「生きたまま脳を食う」
うげ…。ただヤルだけじゃダメなんだ。
素敵にえげつない気持ち悪いなあショジョジさん。

ボルトが華麗に?駆けつけたところで次回へ

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]