忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【BORUTO 22】つながる想い
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
第22話「つながる想い」の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばさ!
これまでの物語
2017年8月23日は、第21話「サスケとサラダ」を放送しました。
自分の姿を敵を間違える父にショックを受けるサラダ。
しかしそこへシン親子が襲ってくる。




今日のボルト
第22話「つながる想い」
2017.08.30 onair

シンの術からサラダを庇ったサクラは、代わりに連れ去られてしまう。ナルトの力でも居所を察知することができない。

しかしシンに写輪眼かいくつも植えつけられていたことから、一行は大蛇丸の元へ向かうことに。サラダはそこで、父と共に写真に写っていた鬼灯水月と重吾に遭遇するのだった。


私の思うところ
お腹にメスまでは許容範囲
夕方のアニメとして(笑)
漫画では、具体的でなくても中身出すのまでやってたけどな。

パパはなんで冷静なの!?
ナルトサイド。もとい、サラダサイド。
サクラちゃんがさらわれても平常運転のサスケ君に娘激怒wwww
そりゃあそうだ。
ナルトが「いやサスケは…」ってなんかフォロー入れようとしたけど、サスケくん厳しく忍びらしくお返事。

鷹メンバーにあえるかも
ナルトの入れ知恵扱いになってるwwww
大蛇丸様のアジトにサラダたちも行くことのメリット。

そんなアジトにて
ヤマト隊長以外にも、見張りさんっていたんですねえ。
(大蛇丸様の事を考えればあれでも少ないぐらいか)

そもそも
「なんでパパと大蛇丸の仲間が一緒にいたのか」
すごく、ごもっともだwwwwww
サラダの疑問。

いちいちツッコミ禁止よん
よん。とは言ってないけど。
若返ってる大蛇丸様に対するナルトのツッコミ。に対する大蛇丸様の返しw

大蛇丸様のママ疑惑
チョウチョウはそういえば、本当の両親探しをしているわけで。
ママ?と悩むのも道理ではあるのだが…。

図々しいサスケくん
でも大蛇丸様楽しそうだ。

アニメならではの、大蛇丸様が応じる理由
ナルトには世話になったから。とのこと。
存在が許されてる話と思いきや、「あの子は元気?」とキター!!!
ミツキを木ノ葉に居させてくれてるのが借りか!w
っていうのはまだ内緒だけど皆知ってるからいいよねw

解析中からの「一致しました」
知ってるから言えることかもしれないけど。
親子なのに50%でなく完全一致
そこに初見で突っ込めた人は偉いと思う。いやまじで。
サラダと、カリンちゃんのらしきへその緒のDNA。
親子ってか、どっちかっていうと、クローン疑惑が出たことになっちゃいますよねこれ。
ちょうどシンとクローンの話ということもあり。

ナルトと家族
逃げた水月に代わってサラダのフォローを任されたナルト。
ミナトとクシナに会っていても、イルカ先生がオヤジでサスケくんが兄弟っていうのを優先するところにやっぱ感動してしまうな゚゚(゚´Д`゚)゚
血よりも想いって、体験に基づいて含蓄ありすぎますよね゚゚(゚´Д`゚)゚

キスよりいいこと
過去のサラダとサクラちゃんの会話。
ここで、ママエッチというツッコミを入れるギャグ風味もまたNARUTO味ですが。
さりげなく、そのいいことを既にサクラちゃんがサラダにやったげてるってのが素敵シーンでした。
ストーリーとしてのエンディングが楽しみです。

とか思っているともう次回なのか!?
予告映像を見るに、キスより良いこと、オリジナル版(笑。厳密には2代目)がもう見られてしまうらしい。
1ヶ月分としてまとめたってところなんでしょうかね。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]