忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【BORUTO 29】新・忍刀七人衆!!
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
第29話「新・忍刀七人衆!!」の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばさ!
これまでの物語
2017年10月11日は、第28話「宣戦布告」を放送しました。
突如、ボルトたちの前に姿をみせた干柿屍澄真。彼は新たな忍刀七人衆により、戦乱の世に戻すことを告げる。そのメンバーの中にはヒラメカレイを受け継いだかぐらも含まれていると言われ…?





今日のボルト
第29話「新・忍刀七人衆!!」
2017.10.18 onair

保管庫の鍵を持っていたかぐら。屍澄真らはついに、忍刀を手にしてしまう。

そのころボルトは、自分を助けてくれた蜂谷や事情を知ったサラダと共に、やぐらを救出しようとしていた。しかし同じ頃、屍澄真らの反乱を知った長十郎は、かぐらもろとも処分する姿勢を見せる。

そんな長十郎に対し、ボルトが放った驚きの一言とは?!


私の思うところ
父上の刀
皆血縁なんですかねーそういえば。

水の国の後ろ盾?
シズマさんたちにはスポンサーがいると。
大名本人ではないらしいけど、関係者とか。

かぐらはどっしり構えてりゃいい
シズマさんだけでなく、メンバー一同かぐらくんには一目置いているのかな。
本気でかかったらシズマさんでも勝てないというのは、あながち嘘でもないのかも。

反乱ではなく子供の喧嘩
ボルトが放った驚きの一言(笑)
ここでも、修学旅行を無事に終わらせることを言いわ…目的にw

父ちゃんが知ったらまずいかもな~
後で本人いわく、めっちゃ嫌だけどという注釈付きではありましたが。
外交問題になりますがいいですか?と、先代&当代の水影に打診する度胸を見せてみるボルト。
メイさん感心して、長十郎も同意。
ただし自分も参加という条件付きで、逆にボルトたちを驚かせるのはさすがです。

修学旅行委員のお勤め
お勤めなのに、帰ってこなかったら言い訳しといてって言われて、デンキくん怪しいとは思わなかったかな。思ったかな?

付いてく気満々のいのじん
ボルトとサラダの行動に興味津々のいのじん。
やっぱいのちゃんの子どもですよね。
そしてめんどくせーと言いつつも、一緒にやってくるシカダイくんはやっぱシカマルの子どもですよね(笑)

イワベエと蜂谷
外の空気を吸いに行ったイワベエくんは、蜂谷くんのぶつくさを聞いてしまい参戦って流れなのかなー?(笑)

ミツキと水月
こちらもようやくご対面。
水月が釘を刺すものの、ミツキはスルー。
水月いわく、大蛇丸様もストップの意向らしいけど、
ミツキいわく、自分が言うこと聞かないのも承知の上でストップって言ってるそうで。
…うん、ミツキ正解!
(だと思うwwwこの流れ大蛇丸様が観ていたらニヤニヤしてそうだwww)

を聞いてしまったいのじんとシカダイ
水月の正体って知られてんですかね?
脅され?つつも、ミツキのとりなしで事なきを得る。
ついでに、多勢に無勢、もとい、子供3人にせがまれた事にすれば?と大蛇丸様への言い訳も提供してあげるとかwwww
水月お疲れ様です。
ともあれ、水月が調べていたシズマさんたちの弱点?を入手できたミツキたち。
ボルトたちのところへ間に合うかな?かな?

地中のヒロイン対決
黒鋤雷牙の娘ちゃんらしい子と、サラダの対決。
いやシズマさんをボスとしてボルトと対峙させるにあたって、彼に馴れ馴れしく?寄り添ってた彼女が悪ヒロインなのかなーって。
対決の詳細は次回。

霧の術で分断される中、ボルトの前にかぐらが現れ…るのか?というところで終了。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]