忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【BORUTO 31】ボルトとかぐら
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
第31話「ボルトとかぐら」の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばさ!
これまでの物語
2017年10月25日は、第30話「写輪眼VS雷刀・牙(らいとう・きば)」を放送しました。
霧によって分断されてしまったボルトたち。
サラダは黒鋤文淡と、彼女の操る雷刀・牙を相手に戦うことになる。






今日のボルト
第31話「ボルトとかぐら」
2017.11.01 onair

かぐらを友人とし、共に帰ろうとボルトは誘う。しかしかぐらはそれに応じるどころか、ヒラメカレイでボルトに斬りかかるのであった。屍澄真の言葉と呪いに再び蝕まれてしまったかぐら。

そこへ、ミツキが乱入してきた。水月から渡された情報を明かすミツキ。そこに記されていた驚きの内容とは?


私の思うところ
ボルトが真っ二つに!
というOP前にハラハラしない(笑)

本気じゃないかぐら
闘う姿勢は見せるものの、シズマさんいわくまだ本気ではないようで。
やっぱり迷いがあるのかな。

相手に手がバレているならば
ボルトの影分身+服の変わり身。
かぐらに、分身の限界は3人ということがバレているボルト。
その通りに、かぐらは4人目が本物と思い込んで攻撃!
が、服だけで、5人目のようなボルトの立ち回りに翻弄されることに。

ここでようやくミツキが到着です。

悪趣味な知り合いwwww
霧でなんか調べてる水月さんのこと。
どうやら、託された巻物は波の国との密約の証拠品らしい。
同じものをメイさんが、密約の当事者である水の国の大名付近の方々に提示しています。

邪魔な人たちを影でコソコソ暗殺するのは
実はシズマの方だったというオチ。
しかし、最後まで使い倒すなら、かぐらには嘘をつけばいいのに。
それでも従わせる自信があったのかなあ。

シズマVSボルト&ミツキ
ボルトとミツキの連携が結構取れている件。
しかしここで…
鮫肌ちゃんが本性を現します。

ミツキのレア反応?
シズマさんの水分身に驚いてみたり、
シズマさんにやられそうになって悔しがってみたり。
また感情が表に出まくっている珍しいターンです。

かぐらは俺のもの
なおもかぐらを説得するボルトに、シズマさんの怒り。
俺のもんってwwwwww

ボルトストリーム?
烈風掌?×2の重ね技。
1回の烈風掌で突っ込むだけではシズマさんも余裕っぽかったですが、分身による押し出しで再加速という。

鮫肌ちゃんの逆襲
本性という意味ではこっちのほうがらしいか。
鬼鮫さんはむしろ好んでやっていた感もある、鮫肌ちゃんとの融合。
シズマさんは、完全に乗っ取られて暴走状態になってしまいました。
このあたりも、まだ所有には早いってことなのかも?

友達に頼れ
1人でケリをつけようとするかぐらに、ボルト。
この時またボルトの右目に変化が・・・?
2人でヒラメカレイを使うことで、シズマと鮫肌ちゃんの分断に成功。
鮫肌ちゃん、分断後ゲップて、チャクラ食いは満足したんですかww

蜂谷くんご満悦
倒し終えたところでサラダが蜂谷くんにおぶさって登場。
動けないサラダを助けてくれてらしい?
点呼の時間ギリギリということで、サラダとイワベエくん、ボルトを急かしてその場を去るのであった。
特に何もなさそうなので、間に合ったっぽいですね。

次回、お土産の忘れ物?
ヒマワリちゃんがなんだか悲しそうなようす。
原因はボルトがお土産を忘れてしまったことらしい。
まあ、喧嘩してれば忘れるわな(笑)
クエストってことは、木ノ葉あるいは付近で入手できないかを探すって話なのですかね?

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]