忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。*Comment is approval system!*

   
【BORUTO 41】結束の力
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS第41話「結束の力」の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばさ!

これまでの物語
2018年1月10日は、第40話「第七班・初任務!!」を放送しました。
下忍としての第一歩を踏み出したボルトたち。最初の任務は盗賊に襲われて困っているという村を救うことだったが、いざ村についてみるとその任務は一変して…?





今日のボルト
第41話「結束の力」
2018.01.17 onair

キリが盗賊と通じていた村人にさらわれてしまう。通常の任務ランクで言えば、他の忍との戦闘は下忍であるボルトらには荷が重い。しかし村の人たちから嘆願され、木ノ葉丸は当初の盗賊撃退任務に加え、キリの救出も目標に加える。
本来よりもハードな任務となりながらも、どうにかキリを救い出すことに成功したボルトたち。しかし木ノ葉丸が敵に捕まってしまい、下忍の3人のみでキリを守らなくてはいけなくなってしまう。


私の思うところ

親父みたいに一人で解決したい
キリさんの胸の内。
橋の権利書が狙いと村の人たちに知られてしまったことで、同時にキリさんの想いも判明という。

病死の真相
その頃肝心のキリさんはと言えば、裏切った村人さんによって、お父さんの死が病死ではなく毒殺だったことを知るハメに。

親父は皆に相談する派
一方村側。
なんでもできる前村長さんというイメージが娘にはあったようですが、その実困ったことは皆にちゃんと相談するという面も持ち合わせていたようす。
親に追いつこうと一人で先走ろうとするキリさんに、ボルトは自分を重ねているようで。
とはいえ、そんなキリさんを疎ましく思わないどころか、心配する村人たちが神。

「自分と重ねっちゃってるぅ~?」
キリさんを助け出したものの、木ノ葉丸が捕まってしまって3人+1人で逃げている際。
キリさん自身からも前村長の話を聞いて、考え込んでしまうボルト。
にサラダからズバリ!(笑)
焦ってるとミツキにも言われてますます慌てるボルトなのであった。

×「俺の」チームワーム
◎俺たちのチームワーク
キリさんに見せて欲しいと頼まれて仕方なく…が、俺「たち」だろとサラダとミツキから突っ込みを喰らうボルトの図。

その頃の木ノ葉丸
ナルトに激励されていたことを思い出して奮起。
螺旋丸で封印と敵の分身をぶっ飛ばすんだコレ。
直前、木ノ葉はぬるいと敵さんに言われていたので、改めてブチギレるという(笑)
しかしそのまま螺旋丸を食らわすのではなく、顔の脇で通過。
でも螺旋丸なので、背後の崖がまあ、えぐりにえぐられまくっているという。
あまりの威力に敵さん失神するしかないすなー。


やっぱ木ノ葉丸ちゃん格好よすぎでないかい?

新生七班の結束の力
以前ボルトが行った、風遁による急加速をサラダで。
ボルトとミツキが風遁を出して、サラダが敵に急接近。
写輪眼で動きを見きった上でのしゃーんなろーがぁ!!!一発。
見事なKOなのであった。
ボルトが、俺いつか殺されると思ったのも納得でw

木ノ葉第七班立ち寄り所?
警官たちよりコンビニですかよw
後に橋にはそんな立て看板が立ったとさ。

ボルト以外の班はゲンナリな任務で…?
シカマルたちもそうだけど、イワベエくんたちもなかなかな任務をこなしていたそうで。
しかし忍と戦ったというだけでもすごいのに、木ノ葉丸のピンチに駆けつけたとか、さらに盛ってんなあ話w

次回、銀行強盗立てこもり事件

やっぱ警察か(笑)

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]