忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。*Comment is approval system!*

   
【BORUTO 45】雪の日の記憶
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS第45話「雪の日の記憶」の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばさ!

これまでの物語
2018年2月7日は、第44話「シカダイの迷い」を放送しました。
白夜団の活動は増える一方だが、ボルトら下忍が戦闘許可を出されておらず、追跡までを指示されていた。
そんな折、母テマリと共に白夜団と一戦交えることになったシカダイ。シカダイらの役目はサポートであるし、上忍であるテマリがいれば戦闘は可能だ。だがシカダイは、テマリの指示に躊躇してしまう。





今日のボルト
第45話「雪の日の記憶」
2018.02.14 onair

将棋で知り合ったリョウギが、最近姿を見せない。シカダイは最後に会った時のリョウギの様子が気がかりだったが、名前以外彼の素性を知らずに悶々としていた。
リョウギはというと、やはりシカダイと会えないことを気にしていたが、一方で、過去のある記憶に苛まれていたのだった。


私の思うところ

中身は反対っぽいけど、リョウギ君、てめーはどこの白なんだよっ!!
(お父さんは再不斬さんとは真逆なノリになりそうだけど)
と、タイトルだけみて思ったこの頃です。
以下視聴後

白夜団の結果と雷門カンパニーへのデモ
金持ちは嫌われるってシカダイが以前言っていましたが、もはや普段の行いの善悪に関係なく糾弾される事態になったってことですね。
そしてそれもまた、白夜団の狙いらしいという。

全ては彼ら(民)を救うため
リョウギくんの確認にお頭は同意を示していますが、やっぱり嘘にしか見えないw

リョウギくんの過去回想
出来た息子だってお頭に言われていたので親子関係だと思っていたら、別に両親いやがったwww
お頭はお父さんの仕事仲間という関係らしい。

お頭が襲わせたんじゃないかなあ
呪印?のちからで操るかなんかしてさぁ。
そんな両親との別れ、もとい殺害事件。
お頭曰く、義賊として活動しているので、悪い金持ち連中に狙われるみたいな感じでリョウギくんに伝えてはいましたが。
お父さんが言っていたとか、全部証拠レスなんだよなあ。
そしてこの時、氷遁使えているリョウギくん。
お頭はそれを期待して、襲わせたのではないかとも考えてしまったり。

友人の存在を許容するお頭
普通の?悪党なら切り捨てさせるところだけど応援というか評価というか。
あれ?やっぱいい人なのかと思ったけど、影で「もうすぐ終わるからいいか」みたいなノリでやっぱり期待を裏切らないなあw

暗くなるまで将棋
シカダイのもとへ久しぶりにやってくるリョウギくん
ランプ用意して遅くまでやろうって。
しかし

「お前、白夜団なんだろ?」
おぉ、断定的な確認とか。
やっぱ見抜いていたのかシカダイ。
迷っているのはそのせいもあるのかな。

「(ランプは)まだ足がついていないはず…」ハッΣ(゚д゚lll)
相手にぼろを出させるという証拠は、素敵ですよねえ。
ランプが盗品だっていうのを証拠の1つに見せかけて、リョウギくんに証明させるっていう。

そして決別
シカダイはリョウギくんのためによかれと思っての説得だったんですが。
リョウギくんは別に渋々ではなく、信念を持ってやっているので…。
それを否定するような説得ではかえってNGとそういう。
多分仲直りなエンディングにはなると思うんですが…一旦物別れに。

次回極夜作戦?スタート
最終段階と行っていたあれ。
お頭のいうことには、リョウギくんの考えた作戦のようですが。
さてどうなるのか。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]