忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【NARUTO SD もういっちょ2話】「恋もまた青春の一部なのです」他
sdNARUTOSDロック・リーの青春フルパワー忍伝もういっちょ
第2話「恋もまた青春の一部なのです」
「愛とはふたりで愚かになることです」

の感想です。

再放送ということで、下げないで書くことにしますねー
今日のあらすじなのです!
2013.10.08放送

「恋もまた青春の一部なのです」
ロック・リーの恋のお相手、それは春野サクラ。
サクラに猛アタックをかけるリーだったがあっさりフられてしまう。
そこでテンテンに協力してもらってサクラにカッコイイ自分を見てもらおうとするが…。

「愛とはふたりで愚かになることです」
サクラとイイ関係になりたいリーは、ラブレターをサクラの鞄の中に忍ばせ、様子を伺うことにした。
だが、リーが見たものはサクラが別のラブレターを手に喜んでいる姿だった!
落ち込むリーにナルトは、サクラがそのラブレターを開ける前に奪おうと提案して!?


私の感想

格好いい男性とは
・・・ネジさんを参考にすればいいんじゃないのかなー。
と、いつも思うこのごろ(苦笑)
あるいは、サクラちゃんのサスケ君への思いを知っているんだから、サスケ君を参考にするとか。さすがに恋敵は参考にしたくないか?

LNT
・・・何の略だと思ったが、
リー・ネジ・テンテン・・・か?wwww
しかしそか、ネジさんの好みは向井理さんなのかー<いろいろ誤解あり

格好いい男性とは@テンテンの場合
理想を詰め込みまくったなwwwww
そうねえ。全部あてはまるようなら、たいていの女性はおkしてくれそうな。
あくまで基本論なので、個人差はあるけどね。

元に戻る画
サクラちゃんのしゃーんなろー!!!
で。時々、元のサイズにもどるのがなんかおかしいというか逆にぐっとくるというか。
普段見られないシーンでおっきくなるとまたおいしいというか。

元に戻る画2
テンテンのしゃーんなろー??!
上に続き。
結局ひどい顔のリーさんにwww
すぐ謝ったけど、逃げ出したくなる怖い顔ではなくて、
殴りたくなるほどのキモイ顔ってうのがなんか泣けるな・・・

格好いい男性とは@ナルトの場合
ラーメンおごってくれる人ってwwwwww
好みのタイプと違いますやんwwww
とかいいつつ、仲間を守ることが出来る人と、さりげなく言うあたり、やっぱりこいつはタダの3枚目ではなくて1枚目なんだなーと思う。


元に戻る画3
後編。
懐かしいというかなんというか。
冬の○ナタでリー君とサクラちゃんのラブラブ。
まあ、リーさんの妄想ですがwww

二人で愚かに・・・
片思い中の二人同士で愚かに・・・
こ、こういうのも愛とはなのかwwww
まあ、確かに、かなりの確率で無駄というか愚かしい行為ではありまするけど。
タイトルの本来の意味は、他人がどうこう言おうと、二人が良いと思っているなら愚かな行為だろうと構わないってことだと思うんですが。と。一応。

まったくこいつらは×5?
火影岩。
SDの面白いところは、火影様たちがどう思っているのかという特殊な突っ込みがあるところだな。
今回は、綱手様が怒っていて、3代目以前様たちが呆れなのかビビってるのか唖然なかんじ。
そのなかで唯一。息子の愛行動にほほえましさを感じているのであろう4代目のにこやかさが際立ってましたね。
さすがエロ仙人の弟子にしてカカシ先生の師匠か?
だがイケメンだから許す。と、彼だけは思われているに違いないのがよいのか悲しいのかwwww(ま、お二人もそれがいいと、リー君に比べれば許されてそうだけど)



過去作品などなど
NARUTO SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]