忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【ジャイロゼッター 20】「お笑いヒーロー誕生!」
超速変形ジャイロゼッター代20話「お笑いヒーロー誕生!」の感想です。
2013年02月19日放送

画像クリックで詳細
モバイルの方はこちらへ>>ジャイロゼッター

今日のゼツボウ的なあらすじ
優勝すれば誰でもお笑いスターになれるという番組『お笑いヒーロー誕生!』。
ミチノリはその番組に出るため、カケルをさそって漫才コンビを結成す
る。
漫才師よりもヒーローになりたいカケルはあまりやる気がないが、ミチノリの漫才師を目指す大きな夢の理由を聞く。
それにカケルは感動し番組出場のた
め、やる気になるのだった。

そしてお笑い番組の収録当日を迎える。
しかしこの番組のスポンサーはエネルクス社で、審査員席にはトーマの姿があった。
アルカディアメンバーが番組会場に集結していることを知ったトーマは、ハルカを使いRX8にアルカディア基地を襲撃させる。


ゼツボウテキにアレな感想
ゼツボウテキな漫才
使い方を間違っていないシュンスケにーさん怖いわー。
なんて。
っていうか、みんなドン引き状態。
相方のカケルすらしぶしぶなんですね。
後々、とあるおじさんのおかげでその道に入ることになったミッチーですが(駄洒落じゃないよ)、
確かに、そういう話がないとなかなか・・・
や、面白いかどうかは別にして(←)思いつくという点では安易に否定はできないなーというのが私の印象ではあります。そこまでドン引きしなくてもていうかww

トーマぼっちゃんのス-ツ
ぼっちゃん、緑好きなんですかねー?
ドライビングスーツ?普段ゼノンで着ているアレとセットのようなフォーマルスーツですけれども。
と。思ったんですが、どうやらそういうわけでもないようで・・・?

トーマぼっちゃんはやぱりご子息
ようやくちらっと説明がwwww
お父さまぎっくり腰とかwww
いくつなのかな?(親子ともにだが)や、若くてもありえる話だけれども。

ハルカちゃんのスーツ
トーマぼっちゃんの趣味かと思ったんですけど、ハルカちゃんも似たような感じのを持っているところをみると、ゼノンの制服の一種とでもいうべきなんでしょうかね。
さすがに、常にドライビングスーツっていうわけにもいかないかもしれないし。
・・・というか、そういうえばハルカちゃんって普段何してるんでしょう。

りんねちゃんのめざせアイドル??
ハルカちゃんの仕込み。
あれ、ハルカちゃんが申し込んだんでしょうかね。
いや、作戦は急だったから、誰か別の方がいたはずなんですが・・・どうしたんでしょ。
というか、結果どうなったのかすごーく気になりますw

プロレーサーの速見シュンスケよ~
キャー!じゃねえよ。
と、いいつつ、波にもまれるシュンスケプロが可愛くて可愛くてハルカ様グッジョブ。
(シュンスケ君本当まじでごめんなさい)

ごめんねぇv
というハルカちゃんも可愛い。
なに、ごめんねダーリンvて?<そんなことは言っていない
っていうか、放置していても問題ないサトリちゃんが不憫w

誰もいない司令室
そういえば、みんなで応援にって普通まずいよなww
仮にも正義な組織なので、年中無休で誰かいないとw
っていうか、アルカディアって無人のジャイロゼッターいなかったっけ?
さすがに以前突破されそうになったから、有人のでできれば対応したいっていうことなのかな?

バースト第2弾はミッチー
ちょっと意外だった。失礼だけれども。
りんねちゃんかシュンスケくんかなーと思っていたんですが。
いやはや。ナンバー2はミッチーでしたか。
とかいいつつ、来週シュンスケ君回なので、みんな連続でバーストしそうな気がしないでもない。

クロード博士の漫才・・・一人で?
結局一人で出たんですね。
いや、お笑いとしか言ってないから一人でもいいのか。
しかし、優勝とかwwww
減点制とはいえ、トーマぼっちゃん×はださなかったんでしょうか?
そこはフェアなのかどうなのか。いい子だからなぁ(もちろん褒めていますよ)

二人の漫才は結局割愛ということで・・・
事件解決後、身内だけででも披露・・となるはずですが、
どんどん画面が・・・ww
視聴者に見せるには結構忍びなかったのかしらん?

次回、マッチさん再び
そうか、レース意外は門外漢そうなシュンスケ君がマッチさんを知っていたのは、名の知られたレーサーだったからなのか(笑)なんて。
しかしどうなんだろうなあ。カケルちゃんがでれるぐらいだから、プロアマ問わずなレースなんだろうけど。マッチさんこの世界では何してるんでしょうか。歌手だけなんでしょうか。
いや、解りませんけれども。
前回のあれだけと思いや、そうでもなかった近藤真彦さんにびっくりです。


前回までのお話
2013年02月12日放送
第19話「パンダが街にやってきた!」

ついに横浜新都心にパンダがやってきた。アルカディアと横浜市長は『プロジェクトP』という名のパンダ歓迎イベントをドゥーラシア動物園で開催する。カケルとりんねは動物園の警備を担当し、ミチノリ、サトリ、シュンスケはパンダの輸送を手伝うことになった。すっかり有名人のカケルは、りんねを横目に派手な警備で調子に乗っている。そんな中、同じく会場を警備していた警察官の半田から、やり方が派手だと注意されてしまう。「ジャイロゼッターはヒーローの乗り物、格好つけるものだ」と反論するカケルだが、半田に「ジャイロゼッターはおもちゃじゃない」と言われてしまう。
そんな中、会場に緊急警報が入る。ミチノリらが搬送していたパンダのコンテナがゼノンに襲われたというのだ。すぐさま現場に向かおうとするカケルたち。だがその目の前に、トーマのトラ型ジャイロゼッター、ベルガーが立ちふさがった。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]