忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【疾風伝588】「戦国時代」
NARUTO疾風伝第588話「戦国時代」 の感想です。
以降はネタバレに注意だってばよ!

ナルトのこれまでの軌跡
第587話「柱間とマダラ」
2014年7月3日放送

柱間が子供だった頃。“里”というシステムが無く、一族同士が争っていた時代に柱間とマダラは出会った。柱間は子供が死ぬような忍世界は間違っていると考え世界を変えようと夢見るのだが、厳しい掟を絶対とする大人には理解してもらえない。過酷な時代に出会った柱間とマダラはお互いの正体を隠しながらも未来について語り合い、二人は次第に同じ考えを持ち始める。そして同じ忍世界を夢見るようになった二人は子供が死ぬ事のない集落を作ろうと決意する。








今日のナルトの足跡
第588話「戦国時代」
2014年7月10日放送

マダラをうちは一族の少年だと知った柱間の父は、“マダラを殺せ”と柱間に冷酷な命令を下す。そして同じ未来を目指した二人は戦う事になり、柱間の思い描いた未来は夢半ばにして潰えてしまうのだった。

それから年月は過ぎ――来る日も来る日も戦い続け、二人は一族の長になった。
千手(せんじゅ)一族とうちは一族の戦いが熾烈を極める中、まだ夢を捨てきれずにいた柱間はマダラに手を組むよう持ち掛けるのだが、マダラは聞く耳を持とうとはせず須佐能乎(スサノオ)を発動する!


私の思うところ
なんだろう、重くて息が苦しくて一々感想発言ができなくなるという。

考えることは同じ、気遣うことも同じ
「罠有り」「逃げろ」
みんながみんな、考えること同じでも、このふたりの「同じ」だけはよかったでありますよええ。

弟の願い
ひどく客観的にいうようなら。
弟くんの所為でマダラさんは柱間さんとの友情を捨てざるを得なかったというふうに見ることもできるんだな。
ある意味、お兄ちゃんの鑑。
柱間さんのお誘いを、マダラさんは迷ってるけど、弟さんが拒否してるからマダラさんも拒否らずを得ないというか。
そこがまた柱間さんと違うよな。
柱間さんは、扉間さんを守ろうとはするけれど、何でもかんでも言うこと聞いてあげるってことではないっていう。

イズナさんは扉間さんの所為でしたか
弟同士は単純に敵対しているっていうのが、またにーちゃんたちにとっては重苦しい試練なのでありまするな。
しかも片方は負けてしまうし。

お前に殺されるなら本望だ
ライバルに殺されるなら悔いはないとか、やめて!!!(*°∀°)=3

弟には戦えと言われ、親友には味方になってと言われ
マダラさん板挟み゚(゚´Д`゚)゚
弟の方が間違っているといえばそうなんだけど、マダラさんの心境を思うと断定するのはまた野暮ってもんでして。
柱間さんも、まずイズナさんを説得するべきだったのにねえとか。
柱間さん以上に、本人とは関係ないところでなんか決まっているという風にも見える。

そしてさらに崩壊する
次回、木の葉の里の設立。命名はマダラさんでしたか。
火影襲名辺りまでの話になりそうですが…
平穏無事に終わりそうにないのがまた辛い。
つか、終わりそうにないのがわかりきってるのに平穏無事な流れになるのが辛い(つд⊂)
しかもポケモン映画前SPなのでお休みである。

NARUTOの軌跡を追う


上記にアクセス不可の方は下記
NARUTO

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]