忍者ブログ

ナルト疾風伝・BORUTO・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【疾風伝528】「三日月の夜」
NARUTO疾風伝第528話「三日月の夜」 の感想です。
2013年4月11日に放送されました。

以降はネタバレに注意だってばよ!



今日のナルトの足跡
思いもよらぬハヤテとの再会に戸惑う夕顔だが、敵の情報を誰よりも知っているとして無情にもハヤテを追うよう命令されてしまう。
追いかけるも脳裏に二人で過ごした思い出が次々と浮かぶ中、ついにハヤテと対面する。

カブトの穢土転生の術により操られ斬りたくないという意思とは裏腹に連合の忍たちに斬りかかってしまうハヤテは自分を“斬ってくれ”と夕顔に頼むのだが、かつてハヤテが死んだ時以来夕顔は、刀を持つ事ができなくなっていたのだった。




私の思うところ
・・・ハヤテさんの男前をここぞとばかりにあげて、スタッフの意図がわからない。
夕顔さんが入るのに、封印されちゃうのに、
惚れ直したファンの気持ちはどうしたらいいの!!?っていう気がしないでもない。
いや、むしろそういう感じしかない気がする。
くっそー、シャーディのくせに←

月は月
ええいこといいますね。ハヤテさんも。
所詮人間が勝手に決めた呼び名なのです。
人間から観た動きなのです。
実際、月はいつでもまんまるで回っているのです。
真に永遠を誓うのならば、隠された意味を紡ぐのならば、月の方がいいのかもしれませんね。
・・・
えー、げほげごほ、試験管の、げほげほ、月光ハヤテです。
はどこへいったって言う。<なんかぶち壊した
サクラちゃんにも、良い忍びになりましたねとか、褒めるし。

次回、ナルトの過去回想?
ネタ尽きないなーと思う。
と、同時に、この戦争が終わった後、何もないんじゃないかと言う不安満載ですけどね。
サムライのおっちゃんのお知り合い?
鉄の国・・だっけ?にはいったことないと思うんですけど、木の葉の大名様のお抱え剣術指南とかだったのかな。
あのお二人がって言うのが、いっしょにでていたお子様だちですよね。
確かに、この戦争ではどうなった?っていう感は否めないな。


俺をクロマが組めば
クロマの音が間違っているかもしれないけど(正しい音をご存知の方訂正求める)。
以前のCMね。
シネマティックアクションとはいえ、プレイヤーがちゃんと居て、そのデフォルト設定だと思っていたんですよ。ね?
あるいは、今後出てくるとか、オリジナルでもいいし。

お前は木の葉のクロマだ!
ってええええええええええええええええええええええ!!!
っていう。
ナルトから、
九尾さんへ
ってえええええええええええええええええええええええええ!?
っていう。
九尾サンの名前なのかよ!?
っていう。
なんだこのネタバレ。
そして仲直りからの協力体制に萌える。
そして前のセリフに戻る。
組めば最強的な。ナルトのばかやろ−!!
くっそー、アクション仮面だから最強なのは解るんだけどさ←
一方で、CM聞いてネタバレいやな人はどうするのかと、訴えられないのかと不安なんですけどwww



ナルトのこれまでの軌跡
第527話「月光に消ゆ」2013年4月4日放送

木ノ葉の元暗部・卯月夕顔(うづき ゆうがお)と死んでしまった中忍試験の試験官・月光(げっこう)ハヤテはかつて恋人同士だった。夕顔はすでに暗部を辞め、今は医療忍者たちが慌しく走り回る医療部隊テントの手伝いをしている。一方、カブトの元では穢土転生の術によりハヤテが蘇っていたのだった。ハヤテが蘇った事など知る由もない夕顔。そして、死体を奪うようカブトから命令されてしまったハヤテは、夕顔がいる事など知るはずもなく医療部隊テントへと出撃してしまうのだった。

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]