忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
NARUTO疾風伝第689話「特別任務」 の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばよ!



ナルトのこれまでの軌跡

第688話「後継者」
2016年7月21日放送

インドラは、ハゴロモの出した課題をすぐに解決し時経たずして戻ってきた。一方のアシュラは村がかかえる問題の解決に時間がかかり、旅立ってから一年が経とうとしているにも関わらずなかなか戻って来ない。誰もがインドラが後継者に相応しいと思う中、なかなか後継者を決めないハゴロモに弟子たちの動揺が広がるのだが、ついにアシュラが旅を終えて帰ってくる。そしてハゴロモは満を持して後継者の名を口にするのだった。

拍手

PR

・・・つづきはこちら

NARUTO疾風伝第688話「後継者」 の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばよ!



*ポケモン映画放送のため、次回の放送は、7月21日(木)になります。
ナルトのこれまでの軌跡


第687話「アシュラの決意」
2016年7月7日放送

アシュラは元々後継者になるつもりはなかった。優秀な兄・インドラが当然後継者になると思っていたアシュラは、自分さえ居なければ兄が選ばれると考え戻らないつもりで旅に出る。しかし、たどり着いた先は謎の病気で苦しむ人たちが住む村。そこでアシュラは人々を助けようと病気の原因を探ろうとするのだが、村人から猛反発を受けてしまう。しかしアシュラはハゴロモの“問題を解決しろ”という言葉を思い出しある決意をする。

拍手

・・・つづきはこちら

NARUTO疾風伝第687話「アシュラの決意」 の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばよ!


ナルトのこれまでの軌跡

第686話「試練の旅」
2016年6月30日放送

優しい心を持つインドラであったが天才的な才能が故、力が重要だと考え“世界を束ねるのは力であり力による規律こそ理想”と言い、人々に厳しく接するようになる。アシュラは優しい心の持ち主だが才能がなく落ちこぼれ。人々は誰もが忍宗の後継者にはインドラが選ばれると思っていたのだが、ハゴロモは十尾(じゅうび)の残骸が残る地へと二人を向かわせ、そこで起きている問題を解決しその結果を見て後継者を決めると言い出す。

拍手

・・・つづきはこちら

NARUTO疾風伝第686話「試練の旅」 の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばよ!
次回の放送は、6月30日(木)になります。

ナルトのこれまでの軌跡

第685話「アシュラとインドラ」
2016年6月16日放送

ハゴロモに二人の息子、アシュラとインドラが生まれた。幼い二人は共に学び共に遊び仲睦まじく過ごし、その中でインドラは天才的な才能を発揮して幼いながらも“忍宗(にんしゅう)の天才”と称されるようになる。一方のアシュラは忍宗の才能が無く、落ちこぼれだった。それでも二人は仲がよく共に修業に励み平和に過ごしていくのだが、ハゴロモすら気づかないその影で闇の力が蠢いているのだった。

拍手

・・・つづきはこちら

NARUTO疾風伝第685話「アシュラとインドラ」 の感想日記です。
以降はネタバレに注意だってばよ!


ナルトのこれまでの軌跡


第684話「忍宗(にんしゅう)」
2016年6月9日放送

穢土転生体であるためか無限月読にかからずに済んだ柱間(ハシラマ)、扉間(トビラマ)、ヒルゼン、ミナトら四人。その四人の前に突如、チャクラの思念体の姿で六道仙人(りくどうせんにん)・ハゴロモが現れ、柱間とマダラの事を息子・アシュラとインドラの転生者の前任だと言う。今カグヤと戦っているナルトとサスケを助けるためには柱間達にも全てを知ってもらう必要があり、ハゴロモは忍宗の起源とアシュラとインドラの生い立ちを語り始めるのだった。果たしてハゴロモの語る過去とは!?

拍手

・・・つづきはこちら

  
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]