忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【NARUTO SD もういっちょ7話】「火影だってハゲる時はハゲるのです」他
NARUTOSDロック・リーの青春フルパワー忍伝もういっちょ
第7話「火影だってハゲる時はハゲるのです」
「大蛇丸はとってもしつこい男なのです」
の感想です。

今日のあらすじなのです!
「火影だってハゲる時はハゲるのです」
テンテンの憧れの人は五代目火影こと綱手様。
そんな綱手様を狙う抜け忍たちを偶然発見したリーたちは、賭けごとで遊んでいた綱手様の元に行き、護衛役を買ってでる。
張り切るテンテンだったが失敗ばかりしてしまい…。

「大蛇丸はとってもしつこい男なのです」
何度もしつこく木ノ葉隠れの里を狙ってくる大蛇丸。
今度は、貯めたチャクラでマンダを呼び出し綱手やナルト、ガイ先生までをも飲み込んでしまった。
残されたリーたちはなんとか3人を助け出そうと作戦を練るが!?



私の感想

ハゲ
岩が出張っている部分とはいえ、あそこだけこう、がつんでそりこみを入れるリー君のヌンチャク使いっぷりが怖いwwwwいろんな意味でwww
というか、そうなんですよ、ヌンチャクなんですよね。
リー君の腕力とふっとばしと遠心力というか回転力というか、それが加わってもああなるものかと思うと・・・やっぱり怖いwww
しかしサブタイトル、ハゲるときはハゲるって、確かに自然とそうなることは誰にだってありますけど・・・明らかに人為的な今回である。

綱手様のツキは不幸の前触れ?
本編でもなんかそういうのがあったきがしますねー。
普段はこれでもかと賭け事に弱い綱手様(命とかを懸ける場合は除き)
べつに命がけでもなのに勝っていると他のところで何かがおこるというか。

SD風マンダ
はぅ!!!!
相変わらず、何度観ても、
かーわーいーいー♪
尻尾の使い具合とか絶妙でしょうあれ。ぺちぺちと(バシバシという効果音は認めんぞ←)

恐怖のさんすくみ?
カツユサマー!!!!!
・・・ガマおやびんがマンダ様に食べられるならいざしらず(敵対していますしね)
何もしゃべらずにいると思ったら、カツユ様をお召し上がる機会をうかがっていたんですか・・・
この後、カツユ様は皆で助け出しましたって、結構時間たってますけど大丈夫だったのかな・・・

カブトさんの苦悩
自分勢力(大蛇丸様)が順調に勝ち進めているので、喜ばしいことなんですが、
ギャグアニメとしてそこはいささかまじめすぎやしないかと悩むカブトさんの苦労をお察ししますwwww

カラクリ・マイト・ガイ
顔岩がもうひとつってwww
一人だけ明らかに別って感じでバレバレというかなんなのというかwww
っていうか、ガイ先生って忍術使えるわけで
リー君に何を言われたのか、それとも気に入っちゃったのか、あのお色気の術はいかがなものかとwwwww

さんちょめ、にちょめ、いっちょめぇ!!!!
ワーオ!!!(私の驚き的意味も含め←)
ネジとテンテンが参加するっていうか、いつそんな合体技考えてたんですかテンテン!?
(やっぱ聞くならテンテンに聞くのがやっぱ筋だろうと)
これをやるしかないって、カラクリマイトガイとは無関係に考えてましたよね。

四代目カッパ
さりげなくwwwww
あーあーあー。イケメンが。
PTAから抗議が来てないか心配だ。お母さんたちのアイドルをあんなにしてくださりやがってからにwww
まあ、ギャグはどんなキャラにも等しくこないといけないけどな。
(ミナトさんは、いたら天然ボケだろうなw)

次回、ヒナタ編
ボケも突っ込みも禁止ってネジさんww
ギャグの面でも過保護ですなww


過去作品などなど
NARUTO SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝


拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]