忍者ブログ

ナルト疾風伝・NARUTOSD・超速変形ジャイロゼッター・銀魂 のアニメ感想を主に上げています。 コメント・リンクはお気軽に。相互もさせていただきます。拍手コメントはお返事機能がないので返信できませんが、ちゃんと見てます。ありがとうございます。

   
【銀魂゜304】「万事を護る者達」
銀魂第304話「万事を護る者達」(将軍暗殺編5話目)の感想日記です。

これまでの騒動

第303話「最後の5人」
2015年12月23日放送
全蔵の思いを知った御庭番衆は、自分たちの頭目を救うため、春雨の艦隊に飛び込む。
一方、銀時、新八、神楽は阿伏兎率いる敵部隊から茂々を護るため、必死の抵抗を試みる。
近藤・土方も合流し逃走を図るが、敵の追撃は止むことがない。
百地たち伊賀衆の手助けもあり、里の抜け道へと続く吊り橋まで辿り着いた。
そこで近藤・土方は万事屋に、最初で最後の依頼を切り出すのだった。





今日の騒動
第304話「万事を護る者達」
2016年1月6日放送
次回の放送は、2016年1月6日(水)になります。

抜け道のある摩利支天像の前には、高杉、神威たちが待ち受けていた。
神楽は神威を止めるため、盛大な兄妹喧嘩をはじめる。

いっぽう銀時と高杉は、因縁の刃を交える。
その刀に、ふたりの思いが重なる。
それは、攘夷戦争のときに交わした約束、そして何者でもなかった、本当の武士になりたいと願っていた幼い頃の思い。
その死闘の果てに、ふたりが見るものとは。



私の感想

総論:展開がたしかにシリアス過ぎて切ねえっす


新OP&ED
OPは画像が前のを使いまわしてるな(笑)
ともあれ、いずれも過去の話に言及しているかのうような展開は好きです。

「お前が守る価値のない世界
「守る背中が減っただけ
なんというか。
未だに互への評価すごいよねっていうセリフですよね。
特に高杉さんの方。
なんとなく銀さんを諦めてない感じがします。

将軍暗殺編は、多分将軍とお庭番衆の友情の話なんですが、やっぱり彼らの友情話にシフトするんでしょうなっていう。

ろくでなしの誓
銀さんからの
「死ぬな」
っていうのは、まだ生きている約束なのではないかと思ってしまう。
とくに今回のエンドとかみるとね。

げんこつの威力
松陽先生の茶目っ気が本邦初公開で、これが逆に唯一の救いっていうかギャグ要素なのかな。
ただこれも、別れを知っているだけに痛ましいともとれてなんとも…。

過去的に
戦場で孤立していた銀さんを松陽先生が拾い
もともと町の塾に通っていた高杉さんと桂さんが知り合い
そこにやってきた松陽先生と銀さんという流れなのか。

あなたの武士道を貫けば良い
高杉さんが松陽先生の心酔して、銀さんに意地でも勝ちたくなった理由ってところか。
そしてこっそり覗いていたヅラの溶け込み具合がパネエです。

高杉「お前はやっぱり強い」
のに、銀さんがさきに倒れてしまうというエンドが、やっぱり互いに気を使いまくっている感じぱねえです。

次回:仇
って誰よ。
松陽先生の仇だと思うんだけど・・・。


・・・あれおかしいな、神威と神楽の兄妹対決どこいった?(反省)





画像見えない方>銀魂

拍手

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
管理人ツイッター
フォローお願いします。また、管理人へのアクセス方法の一つとしてもお使い下さい。
疾風の超速変形spons
オンラインブックマーク
ご利用下さい。黒いアイコンクリックで、他のブックマークも表示することができます。ご利用のものが無い場合はご確認下さい。
忍者カウンター
Copyright ©  -- 【NARUTO他感想】疾風の超速変形! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]